乳酸菌のサプリを飲んで健康管理を徹底しよう

目の健康維持をすること

目の疲れ

必要な栄養素を摂取する

眼精疲労とは、見たり読んだりなどの目を使った動作のし過ぎが原因で起きる疲れの症状のことを言います。眼精疲労が起きると、ただ目が疲れたりぼやけたりかすんだりと目に起きる不調だけでなく肩こりや頭痛、めまい、吐き気などが起きることもあります。慢性化すると毎日症状が続き、日常生活に支障が出ることもあるので早い段階で対策を取ることが大事になります。眼精疲労には、必要な栄養素を摂取すると良いと言われています。抗酸化作用が高く老化を防ぎ、目の網膜にも存在するアントシアニンや粘膜の代謝を促して網膜の働きを助けるビタミンA、パソコンのブルーライトから目を守るルテインなどが代表的な栄養素になります。これらを健康食品などで積極的に摂取することが大事になります。

目を休ませることも大切

眼精疲労は、目の働きにとって必要な栄養素を十分に摂取することも大切ですがそれだけでなく目を休ませることもやはり大事になります。いくら栄養をしっかりと摂っていても、それ以上に目を酷使していたらいくら栄養を摂取しても追いつかないからです。目を酷使すると、瞬きの回数が極端に減るため乾燥してドライアイになったり血流が滞るようになり充血することもあります。そのため、適度に目薬をさしながら乾燥を防ぐようにし血流を促すために目元を温めたりマッサージをするなどして血行を促進すると良いと言えます。栄養を摂取しながら目を休ませていくことで、疲れ知らずで眼病にもなりにくい健康的な目の機能を維持することが出来るようになります。